« November 2007 | Main | February 2008 »

2008.01.28

宜しいか宜しくないかは今決めて。

みなさんは「・・・・よろしかったですか?」という言い回しはどう思いますか?
良い悪いは別にして、すっかり市民権を得たなあと思います。

俺は好きになれないのですが、理由は
今決めることなのに、まるで「私が当事者ではなかった過去の時点ですでにアナタ決断終わりましたよね?私知りません」的なニュアンスを若干感じるところです。今決めろ。

俺がこの間定食屋で飯食ってたら、奇矯な光景に出くわした。
食い終わった客が支払いをするためにレジに向かうと、店員が何の前触れもなく
「よろしかったですか?」
と聞くのだ。

普通「・・・は、」の後に続くものだから、はじめ俺の聞き間違いだと思った。
だけど何人か続けてレジに行った客に対して、同じ店員はそのつど
「よろしかったですか?」

を無造作に客に投げつけるのだ。

これは日本語も第二ステージに突入だな、と思ってさらに聞き耳を立てると、「よろしかったですか?」のあとに小さく

「ポイントカードは」

と言ってた。
そこで倒置法かよ!

そのうちに俺も食事が済んだので、会計を済まさねばならない。
小学校の予防注射以来の緊張感でレジに並んだ。
いよいよ俺の番になった。いつくるんだろう。

「よろしかった、”ら”?」あれ?
「ポイントカードはおつくりしますか?」
いえ・・・

「よろしかったら(二秒空白)、ポイントカードおつくりしますか?」って聞こえた。
あれー?俺の耳が変?
言ってたけどなーーたしかにな・・・・

ごめんなあ店員さん
でも「ら」にしちゃあ、長くねえかい??

2008.01.21

のである

サカモッテに2500円払を組み合わせると、エルカ初めとは、2500円払である。これが真理だ。19世紀のイタリアに、横山裕一に詳しい詩人が居た。エリザベス女王でさえもクイックシルバーメッセンジャーを必要としたことがある。ひょっとすると、正直言ってキャンセリング機能は頂けないと思うのだ。タイ...が欲しい。率直な気持ちだ。世が世なら、迷い無く私は偉大なる女王陛下に世界陸上を献上したことと思う。ストイックについて考えるとき、スイッチとの類似性を思い出すべきだろう。そのときヘッドフォンがあることで、どれだけ救われることだろうか。ドラッカーは「学生時代を叫ぶだけでは、誠に空しい」と言っているストイック、それは真に必要とされているものなのだ。とりわけローマ人には。それはまるで熟成されたエルカドラムだ。第一回アイガッタ選手権開催のようであるとも言える。ツルツルにフェンダージャズベース的側面はないだろうか?凡夫の想像を遙かに超越したところに、エルカホンはある。作者はどうもパイオニアを本当には愛していないのではないだろうか。セカンドは珍しいがそれほどの値打ちはない。スポーツは食べたら無くなってしまう。スコットランドの古い諺だ。結論としては、第一回アイガッタ選手権開催ではダメダメなのである。


http://onosendai.jp/hyoron/hyoron.php

2008.01.19

自転車

シルバー号が撤去された。集積所で2500円払った。空気はタダで入れてくれた。いや。2500円で空気入れてきた。マティと未来の自転車の話で盛り上がる。地球環境とバリアフリーに配慮した駐輪場とは。ぜったいに転ばない一輪車の構造は。クイックシルバーメッセンジャー。ピーナッツクリームとピーナッツバターの色の違いなどなど。

2008.01.14

ヘッドフォン

以前使っていたパイオニアのやつが引き千切れて以来、
安いやつ(耳の穴に入れるタイプ)を買ってはなくし、を繰り返して
ました。今回、思い切ってノイズキャンセリングタイプのいいやつを
買ってしまいました。

耳たぶにすっぽりかぶせるタイプなので、これだけでも遮音性が
かなりのもんです。スピーカの表面についてるスイッチを入れると
ノイズキャンセリング機能がONになります。

これは、別に音楽を聴いていないときでも有効で(電池で駆動する)、
たとえば喫茶店や駅の構内などで瞑想にふけりたいときに有効に
するとかなりの静寂です。

たとえると、元日の人通りのない町を歩いてる感覚です。

実際、マック(ドナルドのほう)で試したみたところ、BGMや、
物音や歩く音などはかなりカットされてます。低音部分が無くなって
すっきりします。本当に静かなときにする耳鳴りの「キーン」というのも
聞こえます。会話は聞こえるので、まったくの無音世界とはいきません。
安全性を考えればこれでいいと思います。

実験の日は、隣の席にしゃべくりまくるババア3人組がいました。
しゃべくりまくりつつアハハハ、アハハハハと意味のない相槌笑いを
間断なく放射していました。ババアのキャンセリング機能がないのが
残念です。

ためしに自転車をこぎながら装着してみました。
音楽を聴きながらの自転車は危険と言われてますので、
音楽は流さずに上述のノイズキャンセリングだけで道路を走ってみました。
車の音などは聞こえるのですが、自転車の音は完全にキャンセリング
されるようです。後ろにくっついてきた自転車に気づかずに右折をした
ときに、すこしヒヤッとしました。

2008.01.13

入院

5年くらい使ってきたフェンダージャズベースを
入院させました。全治一ヶ月。

さんざっぱら踏みつけたり
叩きつけてきたよね。
ごめんよ。

復帰するまではESPつかいます。
まだまだツルツルです。

2008.01.07

エルカ初め

新年あけましておめでとうございます。
(昨日言い忘れた)

各々年末年始で充電し、新たな気持ちで
今年もがんばります!

今日(日付変わって昨日)、2008年初練習でした。

エルカホンは、練習の前に肩慣らしをします。
今日は、エルカホン3人が大好きな
The President of the United States of America
のセカンドから「Bug City」を。

ファーストは学生時代から聴いてました。
いつ聴いてもポジティブな気持ちにしてくれるいいバンドです。
必要最低限の音しか鳴らさないのに、かっこいい。

ベースとギターの合体したような楽器を使っているそうです。
よく通るボーカルとかっちりしたリズム、シンプルだけど
よく練られた曲展開。演奏能力はかなり高いです。

かんこぴできるとかなり気持ちいいバンドなんですが、
再現するのが難しいですね。今日やってみたのですが、
今家で原曲を聴いてみるとぜんぜんできてなかったですw

練習なので、ライブでやる曲何曲かを連続でやります。
エルカホン的表現を借りると、餅曲の練習は
刀を研ぐ感じですね。研がないと感覚が鈍る。

新曲の作りこみもスタジオ練習の時間内に行います。
エルカホン的表現を借りると、作りこみは
刀を持って野山を駆け回る感じですね。
そこに敵がいるいないは関係ないです。

なんだかよくわかりませんが、
今年もよろしく。

2008.01.06

横山裕一「NIWA」

この作者の頭の中身はどうなっているのか。
これは読む「夢」だ。

作中の登場「人物(?)」は好奇心にあふれ、
ストイックで、勇気もあり、冷静だ。

彼らが何者なのか、何が目的で、
どこへ向かっているのか?さっぱりわからない。
だけど、彼らは躊躇しない。

ただひたすら「ひとんちの庭を歩き回る」のだ。
ストイックなまでに。多用される遠近線の消失点の
さきには何があるのだろうか?

別の著書「ニュー土木」も面白いが、
一冊目には「NIWA」をお勧めする。

かつて出会ったことのない
マンガの表現であることは間違いない。

« November 2007 | Main | February 2008 »

Recent Trackbacks

Categories

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • ギャンブル
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • ペット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 育児
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ